歯科材料の印象材の取り扱い方や種類を学ぶための3つの方法

歯科で活躍するためのスキルを身に付けるべく、私自身専門性の高い学校に通っていました。
歯科勤務では、診察室内・受付内の準備として補充や器材の準備などを行い、ドクターのサポート作業を主に行います。
例えば、吸引サクションや小さなお子さまに対してはブラッシング指導・口腔内の検査や口臭や歯周病のチェックなども歯科助手としての業務での1つです。
さらに専門学校では勤務する前提で受付業務の指導も受けます。
カルテの準備や患者の誘導・電話対応などがありますが、学校ではこれらの業務ならびに歯科材料についても取り扱い方をいちから学ぶのも特徴でした。
歯科材料は合着材・印象材・仮封材などに分けられていて、取り扱い方が極めて難しかったのを今でも覚えています。
特に歯科材料での印象材の練和が私は苦手で、歯の型を取る為の材料として知られていて、歯の噛み合わせを記録するために必要な材料です。
アルギン酸・寒天系・合成ゴムに分けられますが、アルギン酸では粉と水で練和するのですが、分量や練り方がポイントで、安定した状態で使うには時間が掛かり過ぎると材料が変化してしまいやすく、常に気を配る材質でした。
このような精密性のある指導を受けながら、歯科助手としてスキルを身に付けることになります。

Leave a Reply